くらし情報『41歳の若さで“完璧な終活”をしてこの世を去った金子哲雄さんの妻が伝えたいこと』

2019年9月20日 20:00

41歳の若さで“完璧な終活”をしてこの世を去った金子哲雄さんの妻が伝えたいこと

41歳の若さで“完璧な終活”をしてこの世を去った金子哲雄さんの妻が伝えたいこと
金子稚子さん(51)
「今回、41歳で、人生における早期リタイア制度を利用させていただいたことに対し、感謝申し上げると同時に、現在、お仕事などにて、お世話になっている関係者のみなさまに、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりお詫び申し上げます」

この文面は、流通ジャーナリスト・金子哲雄さんが、生前に自らしたためた会葬礼状だ。’12年10月2日、41歳の若さで“完璧な終活”をしてこの世を去ったことは、大いに話題になった。

■病気発覚から2週間で「これも運命だ」

「10万人に1人という希少がん“肺カルチノイド”と診断されたのは、’11年6月のことでした」

とは妻・稚子さん。哲雄さんは’08年からメディアに多く登場するようになり、お茶の間目線で“賢いお金の使い方”を解説し一躍、売れっ子に。

「診断されたときには、すでに打つ手なしといった状態でした。お医者さんからは“いま、目の前で哲雄さんが亡くなったとしても少しも驚きません”と言われましたから」

当時、哲雄さんはテレビのレギュラーを4本抱え、ノリにノッていた。その少し前から咳き込むことが増えてはいたが、哲雄さんはタバコも酒も飲まない。すでに末期がんだったとは、青天の霹靂なんて言葉では追いつかなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.