くらし情報『ソニン、女優として歩む“第二の人生”「経験はムダではなかったんだな」』

2019年9月23日 18:00

ソニン、女優として歩む“第二の人生”「経験はムダではなかったんだな」

ソニン、女優として歩む“第二の人生”「経験はムダではなかったんだな」
ソニン撮影/高梨俊浩
「あきらめるも何も、“私はまだ何も残してないじゃん!”って思ったんです。やることをすべてやって無理だったならわかるんですけど、そこで辞めたら絶対、後悔しか残らないだろうなと。

後悔したまま“第2の人生”を歩むなんて、自分の性格では絶対に許せない選択肢でした」

■“ミュージカル、合ってるよね”

かつてEE JUMPのメインボーカルとして活躍していたソニン。バラエティーにも出演し、過酷なロケに挑戦するなど一時はメンタルがボロボロになったことも。

そんな紆余曲折を経て、舞台を中心に活動の場を移した彼女。才能を開花させたソニンは今、本格派女優としてステージに立ち続けている。

「“女優”と言われても、今もしっくりこないです(笑)。初めて出演したのは’07年の『スウィーニー・トッド』という作品。

尊敬する大竹しのぶさんが出ると聞いて、オーディションを受けたのがきっかけでした。そのとき、自分ではよくわからなかったんですが、周りから“ミュージカル、合ってるよね”ってすごく言っていただいたんです」

■生きていてよかったと思う瞬間は

回数を重ねるごとに“役を生きる”という感覚も。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.