くらし情報『橋本愛 《あまちゃん女優》5年ぶりの民放連ドラ出演、なぜブランクあいたのか』

2019年9月19日 04:30

橋本愛 《あまちゃん女優》5年ぶりの民放連ドラ出演、なぜブランクあいたのか

橋本愛 《あまちゃん女優》5年ぶりの民放連ドラ出演、なぜブランクあいたのか
橋本愛
10月9日から放送がスタートするドラマ『同期のサクラ』(日本テレビ系)。この作品で5年ぶりに民放連ドラ出演を果たすのが、橋本愛(23)だ。

「橋本さんは、主演の高畑充希さんの同期を演じます。クールで場の空気を読むけれど、常に“自分の居場所”を探している若者という難しい役どころ。新田真剣佑さんや竜星涼さんなどのイケメンが出演することでも話題です」(スポーツ紙記者)

’13年にNHK朝ドラあまちゃん』でアイドルを目指す足立ユイ役を熱演し、人気が急上昇した橋本。

「主演ののんさんに引けを取らない“実力派女優”としてのポジションを確立した彼女は、映画界やドラマから熱烈オファーが絶えませんでした。’13年以降、19本の映画に出演しており、そのうち8つは主演を飾っていますよ」(同・スポーツ紙記者)

端正な顔立ちに、どこか陰のある雰囲気──。独特の感性から生まれる演技は、若手女優のなかでも“金の卵”として、圧倒的な存在感を放っていた。しかし、映画界で華々しく活躍する一方で、民放のテレビドラマに姿を見せなかったのは、とある理由があったという。

「『あまちゃん』出演以降、仕事のオファーが殺到し、心身ともに疲れてしまったため、ペースを整えるために仕事をセーブしていたそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.