くらし情報『『大家さんと僕』大ヒットの矢部太郎が、再び筆を執った理由』

2019年9月22日 08:00

『大家さんと僕』大ヒットの矢部太郎が、再び筆を執った理由

『大家さんと僕』大ヒットの矢部太郎が、再び筆を執った理由
矢部太郎撮影/北村史
お笑い芸人矢部太郎さんが東京・新宿のはずれの一軒家で大家さんとひとつ屋根の下で暮らす生活を、実体験をベースに描いたフィクション漫画は、ふふっと笑えてじんわり泣けて、心がほっこりする作品。

■成長した自分がテーマの2冊目

漫画家デビュー作となった前作『大家さんと僕』で、第22回手塚治虫文化賞短編賞を受賞。本職の漫画家以外が作画した作品では初、芸人としても初という快挙を成し遂げた。受賞の様子や創作のヒミツ、豪華執筆陣らの寄稿などがつまった盛りだくさんの番外編本『「大家さんと僕」と僕』も今年6月に発売され、シリーズ累計部数は100万部を突破。

『大家さんと僕これから』は、そのシリーズ最後の完結編となる。今作は『週刊新潮』に掲載された内容に30ページ超の書き下ろしを加えた1冊。前作の発売前後のことから、大家さんとの別れまでのエピソードが描かれている。実は当初、矢部さんは連載再開の話をずっと断っていたのだとか。

「最初から“1冊出す”ことを目標に、その中での展開を考えて作っていました。本当に初めてだったから、“やっと描けた”という感じでしたし、ひとつの映画や小説を作るような感覚で、1巻、2巻と続くものとはまったく考えていなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.