くらし情報『貧困・挫折・裏切り・息子の死、それでも釜の炎を燃やし続ける「女性陶芸家」』

2019年9月22日 13:00

貧困・挫折・裏切り・息子の死、それでも釜の炎を燃やし続ける「女性陶芸家」

貧困・挫折・裏切り・息子の死、それでも釜の炎を燃やし続ける「女性陶芸家」
陶芸家神山清子さん撮影/伊藤和幸
琵琶湖の南端・ 大津から車を走らせること30分。高速を降りると、愛嬌(あいきょう)たっぷりの狸(タヌキ)の置物が列をなして出迎える光景が、訪れる者の心を和ませる。

ゆったりと流れる大戸川の向こうで、青々と茂る稲穂がそよぎ、蛙の啼(な)き声がこだまする景色は、まさに日本の原風景そのもの。この信楽(しがらき)は六古窯のひとつに数えられる日本古来の焼き物の故郷。

ここに陶芸家・神山清子(83)の穴窯がある。

■苦しみと悲しみの中で生まれた

清子は『寸越窯(ずんごえがま)』と名づけた穴窯の前に立つ古民家の縁側で待っていた。

小柄だが83歳とは思えないしっかりとした足取りでわれわれを寸越窯へと誘(いざな)う。

窯焚きが始まると、焚き口に座って何日も寝ずに火の番を行うが、今は信楽に暮らす生き物たちの憩いの場所でもあるようだ。

「山から狸だけでなく、猿や鹿、兎や猪もやってきて窯で暖をとり、餌をねだるんよ」

取材に訪れたその日も、清子は仕事場で器をこしらえていた。ろくろを使わず手びねりで瞬く間に仕上げていく。BGMは軽快なJAZZだ。

「歌ものは歌詞に気をとられるからあかん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.