くらし情報『婚活ヤリ逃げ男と復縁したい! 彼に二者択一を迫り──38歳・桃子の悲劇〈後編〉』

2019年9月22日 21:30

婚活ヤリ逃げ男と復縁したい! 彼に二者択一を迫り──38歳・桃子の悲劇〈後編〉

行政書士・ファイナンシャルプランナーをしながら男女問題研究家としてトラブル相談を受けている露木幸彦さん。露木さんが見てきた、夏の終わりに激増する男女トラブルとは?その対処法を考えていきます。(後編)

婚活ヤリ逃げ男と復縁したい! 彼に二者択一を迫り──38歳・桃子の悲劇〈後編〉
※写真はイメージ
婚活アプリのプロフィール欄に「真剣交際を希望」「早く結婚したい」「子どもが欲しい」と書く女子は、羊の皮をかぶったオオカミの男性にとって“いいカモ”です。

今回の相談者・小玉桃子さん(仮名=38歳)は、婚活アプリで出会った東大出身の34歳、金融マンで年収1200万円という男性と交際をスタート。出会って3回目の居酒屋デートで雰囲気に飲まれて大量に酒をあおり、彼の自宅で身体の関係を持ってしまいます。しかしその直後に彼と音信不通になってしまい──。

<前編はこちら>

■桃子さんがヤリ逃げ男に送った手紙

今回の場合、性交渉の場所が彼の自宅だったのは不幸中の幸いでした。彼の住所がわかればアプリを退会され、LINEをブロックされ、メッセージを送れず、電話もかけられない状況でも手紙を送ることが可能になります。もちろん、桃子さんにとって当日の様子を思い出すのは苦痛以外の何物でもありませんが、他に方法はないので仕方がありません。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.