くらし情報『『偽装不倫』打ち上げで杏が感謝、“育児と撮影”を両立させた超絶チームワーク』

2019年9月19日 17:30

『偽装不倫』打ち上げで杏が感謝、“育児と撮影”を両立させた超絶チームワーク

「(育児との両立のために)私を午後6時までに必ず帰らせてくれて……。これは本当にすごいことです。倒れるんじゃないかと思ったときもあったけど、駆け抜けることができたのは、みなさんのおかげです」

無理のないスケジュールを組んでくれたスタッフに、どうしても自分の口でお礼が言いたかったのだろう。会場も大きな拍手で彼女の健闘をたたえた。

その後はしっとりとした雰囲気から一転、カラオケ大会が始まった。沢田研二の『勝手にしやがれ』や、THEBOOMの『島唄』、久保田利伸の『LA・LA・LALOVE SONG』など、誰もが知る名曲が続く。

「いちばん盛り上がったのは西城秀樹さんの『傷だらけのローラ』ですね。杏さんが演じる主人公の名前である“鐘子(しょうこ)”をもじって、“傷だらけの鐘子”と歌って大ウケでした」(日本テレビ関係者)

どの曲にも合いの手が入り、ここでもスタッフとキャストの結束の高さが伺えた。1次会が終わり、数名の参加者が帰路につく中に仲間と谷原の姿が。ドラマでは離婚に至ったふたりだったが、谷原は車に乗り込む仲間を笑顔で見送っていた。

日付が変わるころには、数名の男性スタッフを連れて艶やかな着物姿の女性が出てきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.