くらし情報『星野源、“変態エッセイ”文庫化でごっそり削除した「禁断エピソード」』

2019年9月24日 18:00

星野源、“変態エッセイ”文庫化でごっそり削除した「禁断エピソード」

星野源、“変態エッセイ”文庫化でごっそり削除した「禁断エピソード」
星野源
ミュージシャンとしても役者としても引っ張りだこの星野源。彼のもう1つの顔が文筆家で、これまでに6冊ものエッセイを出版している。

そのうちの1冊が、’14年に出版された『蘇る変態』。こちらはファッション誌の3年間の連載をまとめたもので、彼が多忙な日々のなか突然、病に襲われた際の闘病の記録と、彼が大好きなAVなどのエロの話が散りばめられた1冊だ。そんなエッセイが9月3日に文庫として改めて発売。初週で2・4万部を売り上げ、文庫ランキング1位のヒットとなった。宣伝文句は、《エロも哲学も垣根なく綴った怒涛の3年間。》だ。

「星野さんは、さわやかで柔和なイメージがありますが、大のAV好きで、自身のラジオやライブではあけっぴろげに話しています。ファンたちはそんな星野さんの“変態さ”も含めて好きな人が多い印象ですね」(音楽ライター)

■文庫の修正箇所は100か所以上

今回文庫化されたエッセイのタイトルにも“変態”の文字。しかし、こちらの文庫版は元の書籍とだいぶ内容が変わっているという。

「AVや風俗などのエロネタ、芸能人の名前を出した場面、チクリと批判したような話が根こそぎカットされているんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.