くらし情報『片づけのカリスマが教える、夫婦間の「本当に捨てたいモノ」と「酷な真実」』

2019年9月26日 11:00

片づけのカリスマが教える、夫婦間の「本当に捨てたいモノ」と「酷な真実」

片づけのカリスマが教える、夫婦間の「本当に捨てたいモノ」と「酷な真実」
※写真はイメージです
「こんまり」「断捨離」「ミニマリスト」……日本人は「片づけ」が大好きな人種なのだろうか? 出版業界では定期的に“片づけカリスマ”が生まれ、スマッシュヒットをとばしているが、ここ最近で話題なのが著書累計がわずか2年で22万部にも及んでいるという井田典子さんだ。

神奈川在住、3人の子どもを持つ59歳の主婦。NHK総合テレビ『あさイチ』に“スーパー主婦”として登場後、初著書『「引き出し1つ」から始まる! 人生を救う 片づけ』がいきなり10万部を超え、全国の講演会ではひっぱりだこに。「片づけ依頼」がひきもきらず、数か月先までのキャンセル待ちが続く。

9月には最新刊『迷いも悩みも手放す!人生を肯定できる片づけ』を出版。井田さんのもとには同世代の主婦たちからの悲痛ともいえる「ある共通の悩み」が多く寄せられるという。井田さんに詳しく話を聞いてみると……。

♦︎♦︎♦︎

■夫のモノを邪険に扱う本当の心理

「夫の定年が近いんです……」。セミナー後、冴(さ)えない表情で話しかけてきた女性がいました。ご主人はまじめで家族思いの方だそうですが、整理収納がとにかく苦手。夫の脱ぎ捨てたものや趣味のグッズなどの片づけをすべて奥さまがやってきたそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.