くらし情報『『お母さん二人いてもいいかな!?』の著者が「大丈夫?」「かわいそう」の声に思うこと』

2019年9月30日 19:00

『お母さん二人いてもいいかな!?』の著者が「大丈夫?」「かわいそう」の声に思うこと

■産んでも産まずとも何か言われる

2人目の妻には妻の産んだ子が3人いて(本人が性別に違和を感じたら改めますが、いま把握している限りでは)全員、男の子です。

「産めなくて哀れ」と評された妻とは真逆で、こちらの妻は「夫もいないのに産んじゃってどうする気か」と後ろ指をさされました。息子たちが大きく育ってからは「家族でちゃんと血がつながっていないなんて子どもがかわいそう」の方向で問われます。

シングルペアレントの方々が受けるのと同種の言葉も聞きます。例えば「父親のいない家庭って大丈夫?」とか「父親と母親がそろっていなくてかわいそう」とか。

さて、では、父親のいない家庭って本当に大丈夫なのか、家族で血がつながっていないのは本当にかわいそうじゃないのか。

……ナント!正直、わかりません。

男女で育児する人たちでさえ、子どもにとってよい親になれるか?何が子どもの幸せ?と迷いながら育てるのですから、男女そろって育てれば幸福!という単純な話ではないでしょう。

子どもが「この家に生まれたのを恨む」と言えばそれが答え。「幸せ」と言えばそれが答え。子どもの真意を無視して妻や私や世間が「大丈夫」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.