くらし情報『小泉進次郎が「笑いもの」になった背景と、むき出しになった「本質」』

2019年9月27日 21:00

小泉進次郎が「笑いもの」になった背景と、むき出しになった「本質」

小泉進次郎が「笑いもの」になった背景と、むき出しになった「本質」
小泉進次郎
国連での“セクシー発言”をきっかけに、ネットの住人らにすっかり笑いもの扱いにされてしまっている小泉進次郎環境大臣。

テレビ朝日の社員コメンテーターの玉川徹氏は番組で「結婚からですよ、あれ以来、潮目が変わったなっていう気がするんですよ」と、やんわりと切り捨てた。

空虚な演説は中身はなく、政治家の言葉としてはすっかり“ポエム”だとからかわれているが、以前より専門家には見抜かれていた。

「政治評論家の伊藤惇夫さんが指摘していたのが、“進次郎天才子役説”です。あの子、頑張っているね、と聴衆のおばさん方が愛情を持って演説を聞いてくれる、ウケてくれる。それはみんなに愛される天才子役だから、という説です。中身が空っぽでも、もっともらしく聞こえれば演説は成立するのです」(情報番組ニュースデスク)

■いよいよメッキがはがれた

そんな話術は、特に地方遊説で威力を発揮してきた。

「彼は落語好きなので、冒頭の発言、つまりマクラで客をつかむことを落語でに学んだんです。その土地の方言をにわか仕込みで使い、地元出身の有名人を話題にし、地元の特産品をうまい!と褒める。はっきり言って、地方営業に行ったけど知名度の低い落語家の手口と同じ客のつかみ方です」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.