くらし情報『「2.5次元の王子様」黒羽麻璃央、人気の真っただ中にいても達観したメンタルの所以』

2019年10月6日 14:00

「2.5次元の王子様」黒羽麻璃央、人気の真っただ中にいても達観したメンタルの所以

■故郷は「心の居場所」

蟹座にはもうひとつキーワードがある。「故郷」だ。

昨年、黒羽麻璃央は『みやぎ絆大使』に任命された。宮城県は彼の出身地。「いずれは故郷に関わる仕事がしたい」と公言していた彼にとって、ひとつの夢が叶(かな)った瞬間だったのではないか。

彼は「地元」の話をよくする。仕事を辞めて実家に帰ろうかと思ったとき、両親に「帰ってきていいよ」と言われて逆にやってみようという気持ちになったというのはファンの間では有名な話だ。地元の友達を大切にしているし、彼のファンミーティングの場所に必ず仙台が含まれているのもしかりである。

蟹座は蠍座・魚座とともに「水の宮」に属する。占星術において、水は感情や情緒の象徴だ。蟹座はどんなにポーカーフェイスに見えても、その内に豊かな情感を隠し持っている。硬い甲羅で覆われた内側に、柔らかく繊細な感覚をしまい込んでいる。そう簡単に人に見せたりしない、本当に大切な聖域。そこへの通行パスを蟹座が与えるのは、自分が「身内」だと認めるほんの数人にすぎない。蟹座にとって故郷は「心の居場所」なのだ。

故郷に認められたい。身びいきの励ましや応援ではなくて、誰もが「これ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.