くらし情報『「2.5次元の王子様」黒羽麻璃央、人気の真っただ中にいても達観したメンタルの所以』

2019年10月6日 14:00

「2.5次元の王子様」黒羽麻璃央、人気の真っただ中にいても達観したメンタルの所以

とわかる形で凱旋(がいせん)したい。

それを黒羽麻璃央の目標ととらえるなら、彼は確実にそのステップをのぼっている。

前述の『みやぎ絆大使』を皮切りに、昨年末にはミュージカル『刀剣乱舞』から“刀剣男士”として『NHK紅白歌合戦』に出演。文字どおりの晴れ姿を披露した。さらには、9月に公開された映画『いなくなれ、群青』をはじめ、今年に入ってからは映画4本、ドラマ5本に出演し、映像作品でも活躍が目覚ましい(映像作品は全国どこでも見られるから、地元のみんなに活躍を見せることができてうれしいと彼は言う)。

■「歴史を作りましょう」という言葉の真意

昨年、黒羽麻璃央は“刀剣男子”としてパリの舞台に立った。

ミュージカル『刀剣乱舞』~阿津賀志山異聞2018 巴里~と銘打ったその公演の、密着ドキュメント番組『シブヤノオトPresents ミュージカル『刀剣乱舞』 -2.5次元から世界へ-』(NHK)はエポックメーキングだったと言えるだろう。幕が上がる直前、ステージ袖で彼が刀剣男子たちにかけた言葉は象徴的だ。

「歴史を作りましょう」

「頑張ろう」でも「楽しもう」でもなく、「歴史を作ろう」と彼は言った。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.