くらし情報『成宮寛貴の「フェイクニュース」でわかった復帰待望論、世間が意外と優しい理由』

2019年10月7日 21:00

成宮寛貴の「フェイクニュース」でわかった復帰待望論、世間が意外と優しい理由

成宮寛貴の「フェイクニュース」でわかった復帰待望論、世間が意外と優しい理由
成宮寛貴
《ニュースにしていただいてありがたいなと思いながら、あれはフェイクニュースです》

10月3日、自身のツイッターで芸能界復帰を否定した成宮寛貴氏。前日報じられた「『相棒』で俳優活動再開決定水谷豊の働きかけも」というニュースが「フェイク」だとして、同ドラマを放送するテレビ朝日も「その予定はございません」とコメントした。

しかし、この騒動でわかったフェイクではない「事実」がある。俳優・成宮への復帰待望論だ。ネットでは「一番好きな俳優さんだったから嬉しい」「相棒のカイトくんはあのまま終わらないと思ってた」「コナン実写化なら安室透役!」といった声があがり、その人気や評価の高さが改めて示されることに。

’16年12月、コカインの使用疑惑などを写真誌に報じられたが、逮捕にはいたらず、そのままあっさり引退して、海外移住でほとぼりを冷ましたのも幸いしたのだろう。また、引退の理由も「クスリ」ではなかった。その件についてはあくまで潔白だとして、友人たちによる「罠(わな)」に落ちたと主張。むしろ「同性愛」疑惑を書き立てられたことにより、

《この仕事をする上で人には絶対知られたくないセクシャリティな部分もクローズアップされてしまい、このまま間違った情報が拡がり続ける事に言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです》

と、マスコミ向けファックスで告白した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.