くらし情報『夢追い人の街でバンドマンからナンパ、あえて《下北的なノリ》にのってみた』

2019年10月10日 17:30

夢追い人の街でバンドマンからナンパ、あえて《下北的なノリ》にのってみた

夢追い人の街でバンドマンからナンパ、あえて《下北的なノリ》にのってみた
下北沢の街並み撮影/三九二汐莉世は、ナンパ戦国時代。出会いのプラットホームの増加とともに、都会を中心に男女の出会い事情はカジュアル化している。その最たる東京の週末に、ナンパ最前線に立つ男性は何を考え、なぜナンパするのか。本企画では東京の週末の夜に一期一会の出会いを求める「ナンパ男子」の生態を深掘りしていく。
今回は、駅の再開発工事を終えて、街が様相を変えつつある“下北沢”が舞台。東京の住みたい街ランキングでも毎年、上位にランクインし、2019年は世界的シティガイド『タイムアウト』の「世界で最もクールな街」で2位の座を獲得。今、世界からアツく注目されるカルチャーの街なのだ。

ナンパのイメージはあまりないかもしれないが、サブカルの街・下北沢も再開発を受け、その雰囲気を変えつつある。北口は相変わらず古着屋やおしゃれなカフェが立ち並び、サブカル色の強い街並みが残る。ところが、南口は流行のタピオカドリンクショップやパンケーキカフェなども増え、若者の数はより一層、増えているように感じる。

美容室や小さなバー、ライブハウスなども多いので、いわゆる3B(注1)的な男性が非常に多く、サブカル感のある服装(つまり古着コーデ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.