くらし情報『ジャニー喜多川さんが早くも「神格化」、偉大な先人のエンタメ遺産』

2019年10月13日 21:00

ジャニー喜多川さんが早くも「神格化」、偉大な先人のエンタメ遺産

ジャニー喜多川さんが早くも「神格化」、偉大な先人のエンタメ遺産
ジャニー喜多川さん
うまいことを言うなと思った。

「いなくなっても、いる。ジャニーさんは新しいところに着地したなと思います」

発言の主は、ジャニーズ事務所の人気グループ、A.B.C‐Zの戸塚祥太(32)だ。ジャニーさんとはもちろん、今年7月に亡くなったジャニー喜多川さんのことを指す。

今月29日まで東京・日生劇場で上演されているA.B.C‐Z主演の舞台『ABC座 ジャニーズ伝説2019』の初日公演の前に行われた囲み取材で、発言は飛び出した。

ジャニーさんの死後、あらゆる場面で、所属タレントたちがジャニーさんについて伝える頻度が増えた。取材側が質問するからなのだが、タレントたちはそれぞれにジャニーさんとの接点、思い出があり、それを面白エピソード的に、あるいは語録的に伝える。その結果、ジャニーさんの伝説化、神格化が急速に進んでいるなぁと実感する。

実績のない独裁者を虚飾し神格化する国家とは違い、ジャニーさんにはプロデューサーとしての確固たる実績がある。よって伝説化、神格化は当然の流れといえば当然。主催者側にも、その意識が見え隠れする。

■先人のエンタメ遺産

『ABC座~』の囲み取材の際に配られた資料には《ジャニー喜多川さん素晴らしいエンタテインメント、たくさんの幸せを有難うございました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.