くらし情報『『いだてん』打ち上げに豪華メンバー集結も…“受信料より高い”参加費徴収!』

2019年10月12日 11:30

『いだてん』打ち上げに豪華メンバー集結も…“受信料より高い”参加費徴収!

『いだてん』打ち上げに豪華メンバー集結も…“受信料より高い”参加費徴収!
(左から)大河ドラマ『いだてん』の打ち上げに参加した阿部サダヲビートたけし中村勘九郎
10月上旬、NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺〜』の打ち上げが都内のホテルで開催された。

「このドラマは来年開催の’20年東京オリンピックと合わせて企画されました。日本が初参加した1912年のストックホルム大会から1964年の東京五輪までのおよそ半世紀を描いたドラマです」(テレビ誌ライター)

夕方6時半を過ぎたころ、いち早く打ち上げ会場に現れたのは、ドラマの脚本を務めた宮藤官九郎だ。

「これまでの大河ドラマは“時代劇”で主人公の一代記 が通例でした。しかし『いだてん』では明治から昭和にかけての“近代”が舞台で、中村勘九郎さんと阿部サダヲさんの2人が主人公という構成。新しいことに挑戦しようとする宮藤さんの思いが詰まっています」(同・テレビ誌ライター)

その後も満島真之介綾瀬はるか斎藤工永山絢斗といったキャストが到着。主役の1人である中村が会場入りしたのは開始時刻を少し過ぎてからだった。

■参加費はキャストもスタッフも……

「1次会の参加者は600人ほどの大所帯。NHKの会長挨拶に始まり宮藤さんの挨拶。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.