くらし情報『木村拓哉『グランメゾン東京』で、新品ブランドは不採用の強すぎるこだわり』

2019年10月19日 21:00

木村拓哉『グランメゾン東京』で、新品ブランドは不採用の強すぎるこだわり

木村拓哉『グランメゾン東京』で、新品ブランドは不採用の強すぎるこだわり
木村拓哉
山下達郎さんが16年ぶりに木村さんのドラマのために主題歌を書き下ろしたり、撮影NGで知られるフランスの三ツ星レストランを貸し切りにして撮影したり。“制作費が1話1億円”とも報じられています」(スポーツ紙記者)

放送前から話題に事欠かない木村拓哉(46)主演の日曜劇場『グランメゾン東京』(TBS系)。令和初の主演ドラマということもあってか、彼もそうとう気合が入っているようだ。

「木村さんの要望に応えるべく、制作スタッフは日々、奔走しています。特に彼の専属スタイリストは大変のようで……」(同・スポーツ紙記者)

■見た目から入るのが“キムタク流”

本作の木村は、型破りなフランス料理のシェフ役。パリに自分の店を持って二ツ星まで獲得するが、ある重大事件によって店も仲間もすべて失ってしまう。

「1回目の衣装の打ち合わせには、監督も同席していました。そこで“どん底の人生を送っている男はどんな服装をしているのか”ということを話し合ったそうです」(TBS関係者)

スタイリストは役柄に合ったアイテムを持ち込んでいたが、その日、木村は1度も衣装に袖を通すことはなかったという。

「木村さんの場合、これは毎度のことなんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.