くらし情報『高橋颯、『デスノート』エルに抱いた親近感「寂しくて甘えん坊なんだなって」』

2019年10月19日 17:00

高橋颯、『デスノート』エルに抱いた親近感「寂しくて甘えん坊なんだなって」

高橋颯、『デスノート』エルに抱いた親近感「寂しくて甘えん坊なんだなって」
高橋颯撮影/矢島泰
社会現象になった伝説的大ヒットコミック『DEATH NOTE』(原作:大場つぐみ、作画:小畑健/ジャンプコミックス)をミュージカル化。2015年の世界初演以降、日本のみならず韓国・台湾でも大ヒットを記録した人気作『デスノート THE MUSICAL』が、2020年1月、キャストを一新して上演される。

主人公は「ノートに名前を書かれた人間は40秒で死ぬ」“死のノート”(デスノート)を拾ったことから、犯罪者の粛清を始める成績優秀な高校生・夜神 月(やがみライト)。そのライトを追いつめる頭脳明晰(めいせき)な謎の名探偵L(エル)役に大抜てきされたのは、ソロシンガーとして活動する高橋颯さん(※「高」の表記は「はしごだか」)。エル以上に(!?)独特な空気感をまとっていてる21歳に直撃インタビュー。

■エルと自分に通じるものを感じた

「個人的にエルが好きだったので、決まったときはうれしかったです。同時に世界的に愛されている作品で、しかも物語のキーパーソンである重要な役なので、プレッシャーも感じました」

2006年、8歳のときに映画『デスノート』を見て、エルに対して親近感を覚えたという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.