くらし情報『宇野昌磨が逆転優勝! コーチ不在の選択で見えた「明確な覚悟」』

2019年10月23日 16:00

宇野昌磨が逆転優勝! コーチ不在の選択で見えた「明確な覚悟」

宇野昌磨が逆転優勝! コーチ不在の選択で見えた「明確な覚悟」
宇野昌磨(2017年)10月11日から13日にかけて行われたフィンランディア杯で、逆転優勝を果たした宇野昌磨(21)。今シーズン初のショートプログラムとフリーの両演技を行った宇野だったが、本人には反省が残る大会となったようだ。しかし今回の演技には、昨シーズンまでの彼には見られなかった、ひとりのフィギュアスケート選手としての“覚悟”があった―。
「今の練習から考えると、これ以上は望めない。まだスタート地点にも立てていない」

宇野昌磨は、10月11日から13日に行われた、チャレンジャーシリーズのフィンランディア杯の試合後、自らの調整遅れを認めていた─。

しかし、報道陣に対して悲壮感や悔しさをにじませることはなく「オフにバタバタしたこともあって、調整が間に合わなかった」と、淡々と語っていたという。

「異例のコーチ不在で臨む今季、初めてショートプログラムとフリーの両方を滑った大会でした。ショートプログラムが2位スタートで、なんとかフリーで巻き返して逆転優勝。しかし万全の状態であれば、3種類4度の4回転ジャンプを組み込むはずのフリーが、今回は2種類2度しか跳びませんでした」(スポーツ紙記者)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.