くらし情報『石田ゆり子、アラフィフにして「無色透明」の奇跡はいかにして達成されたか』

2019年10月25日 10:00

石田ゆり子、アラフィフにして「無色透明」の奇跡はいかにして達成されたか

石田ゆり子、アラフィフにして「無色透明」の奇跡はいかにして達成されたか
石田ゆり子
「ふたり足して100歳なんですよ。ゆり子・雅治で1世紀」(福山雅治)

「やめてください。やめて!(笑)」(石田ゆり子)

10月18日放送の『ぴったんこカン・カン』(TBS系)のスペシャルで、福山雅治と石田ゆり子がこんなやりとりをしていた。これがセクハラにならず、笑いとして成立するのは、福山のキャラもさることながら、石田が50歳には見えない「奇跡のアラフィフ」だからだろう。

しかし、奇跡は容易には達成されない。ここにいたるまでには紆余(うよ)曲折の歴史があった。

■「奇跡のアラフィフ」になるまでの道のり

彼女は23歳だった’93年に『彼女の嫌いな彼女』(日本テレビ)でドラマ初主演。ただ、大きなヒットにはならなかった。ちょうどその時期、テレビ誌の仕事でインタビューをしたことがあるが「まじめだけど地味」という印象くらいしかない。アイドル時代に何度も取材した3歳下の妹・石田ひかりとは対照的だった。こちらもまじめなところは似ていたが、どこかおきゃんで、前に出る圧を持ち合わせていたからだ。

実際、ひかりは’92年に朝ドラ『ひらり』(NHK)に主演し、翌年にかけて2年連続で『紅白歌合戦』の紅組司会を務めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.