くらし情報『徳井義実「申告漏れ」よりも強烈だった個人会社『チューリップ』のネーミングセンス』

2019年10月25日 18:30

徳井義実「申告漏れ」よりも強烈だった個人会社『チューリップ』のネーミングセンス

徳井義実「申告漏れ」よりも強烈だった個人会社『チューリップ』のネーミングセンス
徳井義実
チュートリアル徳井義実に約1億円の税金申告漏れ、および2000万円の所得隠しをしていたという騒動が世間を騒がせている。

急遽開かれた会見では神妙な表情を浮かべ、確定申告をしていなかったことについて「明日にしよう、明日にしようとどんどん先延ばしにしていた」と説明。ほぼ、小学生の夏休みの宿題に対する感覚と同じである。数年前に『メルカリで読書感想文を買って提出する』という珍ニュースが問題になっていたが、徳井の納税にいたっては、’16年からの3年間に至っては申告すらしていない“未提出”である。

そんな彼は会見でこう続けた。

《『徳井が出ていると気分が悪い、お前はもう仕事をしなくていい』という判断をされたら、仕事ができなくなっても致し方ない》

その言葉はネットニュースで《世論次第では“引退も”》というタイトルに変換され、大きな反響を呼ぶこととなったわけだが、ここ数年の芸能界の謝罪会見を振り返ってみると非常にツッコミどころが多かったことが思い出される。

山口達也が号泣しながら「TOKIOに席があるなら戻りたい」と復帰願望を表明してみせたかと思えば、闇営業問題で吉本に反旗を翻した宮迫博之は「なんだか芝居がかっていてうさんくさい」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.