くらし情報『韓国メディアはなぜ「過剰なゴシップ」を求めるのか、アイドルたちの声なき悲鳴』

2019年10月28日 17:00

韓国メディアはなぜ「過剰なゴシップ」を求めるのか、アイドルたちの声なき悲鳴

韓国の人気ボーイズグループ、SHINeeのジョンヒョンさん(享年27)が自ら命を絶ったのが2017年12月。それからまだ2年もたたない間に、同じ大手事務所に所属していたf(x)(エフエックス)の元メンバー、ソルリさん(享年25)の突然の死去が先日、伝えられた。自殺と見られている。
韓国メディアはなぜ「過剰なゴシップ」を求めるのか、アイドルたちの声なき悲鳴
ジョンヒョンさん(享年27)とソルリさん(享年25)/ともに本人のInstagramより
芸能界の第一線で活躍していた2人だが、ともにうつ病を抱えていたことが明らかになっており、結果的に自殺という極端な選択をしたことに、韓国国内はもちろん、世界中のK-POPファンの間でも大きな動揺が広まっている。なぜ、このような悲しい出来事が繰り返されてしまうのだろうか。

■「アクセス数稼ぎ」のゴシップを求めて

そもそも韓国は自殺率の高い国で、今年9月に韓国の統計庁が発表した『2018年死亡原因統計』によると、人口10万人当たりの自殺者数を示す自殺死亡率は前年より9・5%増の26・6人。日本、アメリカなどを含むOECD(経済協力開発機構)加盟国の中で、もっとも高い数値だ。そういった“素地”に加え、近年、アイドルを中心とした芸能人を精神的に苦しめているのが、韓国特有のネット文化。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.