くらし情報『福山雅治が語る恋愛論「失恋も学びと思えば否定することはない」』

2019年10月31日 11:00

福山雅治が語る恋愛論「失恋も学びと思えば否定することはない」

福山雅治が語る恋愛論「失恋も学びと思えば否定することはない」
福山雅治撮影/廣瀬靖
「人生ってうまくいかないな、と感じることが誰にでもあると思います。自分の思うように人生の物語を紡いでいくことができたら幸せなのでしょうが、基本的にはそうはならない。

でも、納得できる現在と、納得できる未来が訪れれば、後悔が残る過去も肯定できるかもしれない。そういったことを考えさせてくれる映画になっていると思います」

■万年便秘ぎみのミュージシャン

東京、パリ、ニューヨークを舞台に描かれた大人の男女のラブストーリー『マチネの終わりに』で主演を務める福山雅治。映画では、自分の音楽を見失い苦悩する天才クラシックギタリストを演じている。長年、ミュージシャンとして活躍する福山にも、そんな時期はあったのだろうか。

「程度の差こそあれ、僕は基本ずっとそんな状態です(笑)。昔から、スッと曲が浮かんだり、歌詞が出てくるタイプではないんです。デビュー当時から毎回、壁にぶつかってる。作るという行為自体、常にしんどい作業なんですよね。続けていればいつか楽になると思ってたんですけど。出さなきゃいけないのに、出にくい。

たとえるならば……創作は常に便秘ぎみです(笑)」

そう冗談まじりに話す福山。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.