くらし情報『国産ワインの歴史が詰まったワイナリー、目指したのは「日本庭園」のような味』

2019年11月3日 06:00

国産ワインの歴史が詰まったワイナリー、目指したのは「日本庭園」のような味

それに世界的に注目される和食は外国人に人気ですし、シャトー・メルシャンも海外で好評いただいているんですよ」

日本ワイン界の“立役者”とも言われる、メルシャンの藤野勝久氏はかつて、『シャトー・マルゴー』の総支配人ポール・ポンタリエ氏から、「フランスワインのまねをするのではなく、日本庭園のようなワインを造りなさい」とのアドバイスを受けて、日本を代表するワインを造り上げたという。

ブドウ栽培からワイン製造まで自社で担い、日本人の口に合う、和食に合う、そして世界に通ずる“ジャパンブランド”を手がける椀子ワイナリー。プライドをかけた日本の“ものづくり”の心に酔いしれたツアーだった。

ちなみにほどよく気持ちよくなった一行が後に訪れたのは、かつての宿場町「上田宿」の風情が残る柳町。名物「美味だれ焼き鳥」でビールを、またワイナリーで購入した白ワインをお店で特別に開けさせてもらったりと、新幹線の時間ギリギリまで堪能させていただきましたとさ。焼き鳥にワイン、コレも合う!

「シャトー・メルシャン椀子ワイナリー」
長野県上田市長瀬146-2TEL:0268-75-8790
営業時間10:00~16:30※営業日はHPを確認
(テイスティングカウンター/ラストオーダー16:00)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.