くらし情報『染谷将太、常に不安と隣り合わせ「“一生懸命やる”って何だろうと思うんです」』

2019年10月31日 17:00

染谷将太、常に不安と隣り合わせ「“一生懸命やる”って何だろうと思うんです」

染谷将太、常に不安と隣り合わせ「“一生懸命やる”って何だろうと思うんです」
染谷将太
「家族というものは、ゼロから作り上げるもので、自分にとってはこんなにもクリエイティブなものはないなと思っていて。そして、自分にとっては“帰る場所”でもあるという感覚を、映画を通してより深く感じました」

映画『最初の晩餐』で主人公を演じる染谷将太。バラバラだった家族が父の死をきっかけに、家族を見つめ直し、時間を取り戻していく物語だ。

■家族とは、よくわからないもの

「これまでにも家族を描いた作品はたくさんあって、最終的に“家族とは”という明確な答えを求めようとするものが多い中、今作では“家族とは、よくわからないもの”ということを素直に表現していて。

でも、ひとりひとり解釈の違うものを表現することは、とても難しくて。今までは“オチ”がある、起承転結の“結”があるお芝居に慣れていたので、クセでどこかに落とし込もうとしてしまうんです。

そうしないと演じている側も不安になってしまうんですが、今回はその不安を常に持ち続けることが大切だったんです」

今回に限らず役者という仕事上、「常に評価される側なので、いつも不安はあります。でも、職業柄しかたのないことなのかなと」と語る。

不安と隣り合わせの中、最近よく考える言葉があるんだとか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.