くらし情報『工藤静香、何しても炎上のインスタに「コメント制限」で応戦! アンチが向かった先』

2019年11月4日 12:00

工藤静香、何しても炎上のインスタに「コメント制限」で応戦! アンチが向かった先

工藤静香、何しても炎上のインスタに「コメント制限」で応戦!  アンチが向かった先
Koki,を学校まで送り届ける工藤静香
’17年にインスタグラムのアカウントを開設してからというもの、数々の炎上騒ぎを起こして(起こされて?)きた工藤静香。’19年11月の時点で約43万人のフォロワーを獲得しているが、そのコメント欄は焼け野原状態であった。

これまでも、30%値引きシールが貼られたトマトが買い物袋から覗いている投稿を発見されるや「この写り込み方は狙ってるでしょ 庶民派アピール」と叩かれ、水着姿の全身ショットをアップすれば「何がなんでも脚を長く見せようとしているのが……」と、下からのカメラアングルを突(つつ)かれてきた。

そして、もはや名物カテゴリーの域に達していたのが『手作り料理をアップするたびに炎上』である。

独創性あふれる“皮付き肉じゃが”や、“買ったシュウマイの皮が行方不明なのでレタスで巻いてみました”といった料理の数々に、アンチからは見た目・調理法・盛り付けにいたるまで、あらゆる角度から非難のコメントが相次いだ。なかには「工藤さんの料理を見るたび、キムタクは幸せなのだろうか? って疑問に思う」という、哀愁すら漂う書き込みも。

■ついにインスタ炎上に嫌気か

なぜこうも叩かれるのか。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.