くらし情報『松本人志『探偵!ナイトスクープ』新局長就任で揺れる「ファンの心理」』

2019年11月4日 21:00

松本人志『探偵!ナイトスクープ』新局長就任で揺れる「ファンの心理」

松本人志『探偵!ナイトスクープ』新局長就任で揺れる「ファンの心理」
『探偵!ナイトスクープ』3代目局長の松本人志
人気長寿バラエティ『探偵!ナイトスクープ』(朝日放送)の局長が、11月末の放送から(関西地方)、現在の2代目局長・西田敏行から、松本人志に交代することが発表された。

■気になる“感動ネタ”の反応

1988年から30年以上にわたり放送され、関西地区では現在も高い視聴率をほこる番組の局長交代は、大きな話題となった。

「歴史も長く、番組カラーが強い長寿番組に、自身の笑いのカラーが強い松本さんが就任することで、どんな雰囲気に変わるのか、まったく読めませんね」

と、あるテレビ誌記者は言う。

「とはいえ、初代局長の上岡龍太郎さんから西田敏行さんに交代するときも、相当なハレーションが起こりました。探偵の調査VTRを見てからの上岡さんのシャープなコメントまでが、ひとつの『依頼』として完結されていましたから。しかし、西田局長に代わり、フタを開けてみると、とても素敵な雰囲気の探偵局になり、特に感動ネタでのVTR明けにしょっちゅう号泣している姿は、すっかり番組の名物になりました」

西田局長の、その号泣シーンが見られなくなるのは、番組ファンにとって寂しいポイントであるという。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.