くらし情報『木村拓哉主演『グランメゾン東京』が米映画に酷似、ネットのザワつきにTBSからの回答』

2019年11月3日 18:00

木村拓哉主演『グランメゾン東京』が米映画に酷似、ネットのザワつきにTBSからの回答

木村拓哉主演『グランメゾン東京』が米映画に酷似、ネットのザワつきにTBSからの回答
左から、『グランメゾン東京』に出演している及川光博木村拓哉鈴木京香玉森裕太
10月20日から放送されている木村拓哉主演のドラマ『グランメゾン東京』(TBS系)が好評だ。

「かつてパリで二つ星レストランに勤務し、将来を期待されていた主人公がトラブルを起こし料理界を追放されます。3年後に、料理人の鈴木京香さんと出会い、かつての仲間を誘ってお店を開き、三ツ星獲得を目指す物語です。共演者には、及川光博さんや沢村一樹さん、Kis‐My‐Ft2の玉森裕太さんなど、豪華なメンバーがそろっていますよ」(スポーツ紙記者)

そんな話題作にいま“ある疑惑”が浮上している。

「設定やストーリーが、‘15年に公開されたアメリカの映画『二ツ星の料理人』に酷似しているんです。『グランメゾン』に原作はなく、フジ系のドラマ『世にも奇妙な物語』などでおなじみの脚本家の黒岩勉さんによるオリジナル作品。しかし、2作品が非常に似ていることから、ネット上では《パクリではないか?》という声もあがっていますよ」(映画配給会社関係者)

■多すぎるストーリーの共通点

いったいどのあたりが似ているのだろうか。

「『二ツ星の料理人』は、一流の腕を持ちながらトラブルを起こして店を追われた元二つ星レストランのシェフが、三ツ星獲得を目指して奮闘する物語です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.