くらし情報『羽生結弦、カナダ大会で自己ベスト! “4回転アクセル”挑戦のために研究した「女性選手」』

2019年11月6日 07:00

羽生結弦、カナダ大会で自己ベスト! “4回転アクセル”挑戦のために研究した「女性選手」

羽生結弦、カナダ大会で自己ベスト!  “4回転アクセル”挑戦のために研究した「女性選手」
羽生結弦(2018年ピョンチャン冬季五輪)
10月26日、27日に行われたグランプリシリーズのカナダ大会。“絶対王者”羽生結弦が、自己ベストとなる322・59点で、今シーズン初優勝を飾った。

「羽生選手は過去3回、カナダ大会に出場していますが、結果はすべて2位。鬼門としていた土地で初優勝を飾り、“自分に勝てた”と語っていました」(スポーツ紙記者)

羽生結弦、ライバルのネイサンに届かず

プログラムは、ショートが『秋によせて』、フリーが『Origin』。どちらも、昨シーズンと同じ曲で臨んだ。

「シリーズ初戦は曲に慣れていなかったり、演技構成が完成していない場合もあるので予想以上にミスをしたり、高得点が狙えないことも多い。しかし今大会は、2シーズン目ということで曲に慣れているためか、演技だけでなく精神的にも安定していました」(同・スポーツ紙記者)

自己ベストを叩き出したものの、アメリカ代表のネイサン・チェンが持つ歴代最高得点323・42点には、僅差で及ばなかった。

「今大会は難易度の高いジャンプを入れていなかったものの、今後について“4回転ルッツ、4回転アクセルを入れたいと思うかもしれない”と語っています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.