くらし情報『山口百恵に坂口憲二、元・芸能人のセカンドキャリアに学ぶ「新しい自立のカタチ」』

2019年11月8日 15:00

山口百恵に坂口憲二、元・芸能人のセカンドキャリアに学ぶ「新しい自立のカタチ」

山口百恵に坂口憲二、元・芸能人のセカンドキャリアに学ぶ「新しい自立のカタチ」
(左から)坂口憲二山口百恵
『医龍-Team Medical Dragon-』(フジテレビ系)シリーズなどのドラマや映画で活躍した元・俳優、坂口憲二さんのセカンドキャリアが話題を集めた。7年ほど前から国指定の難病『特発性大腿骨頭壊死症』を患い、昨年春に芸能活動を休止。新たな仕事に選んだのは、コーヒービジネスだった。

以前、米国を訪れた際、生活にコーヒーが根ざした文化に感動、また、妻と3人の子のためにも「手に職をつけたい」と考えたことがきっかけだという。バリスタ・ロースター(焙煎士)のプライベートレッスンを受け、昨年夏に千葉の九十九里で焙煎所を開設した。商品第1号となった『アフターサーフ』は、海上がりに飲むコーヒーがコンセプト。趣味でもあるサーフィンを活かして独自性を出す企業努力だ。

今年の春には、都内に販売店もオープンさせた。収支のやりくりやスタッフへの指導など、慣れない作業にも奮闘中だが『ハフポスト日本版』の取材にはこんな発言を。

《たとえ失敗してしまったとしても、次の機会にその失敗を活かしていけばいいんです》

そんな坂口さんのように、華やかなスポットライトを浴びたあと、別の新たな世界で結果を出そうとしている人は少なくない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.