くらし情報『流行語大賞「お笑い」が遠のいた背景に、笑えない「闇営業」の爪痕』

2019年11月8日 21:00

流行語大賞「お笑い」が遠のいた背景に、笑えない「闇営業」の爪痕

流行語大賞「お笑い」が遠のいた背景に、笑えない「闇営業」の爪痕
話題にはなったけれど…(左上から時計回りに)チョコレートプラネット、霜降り明星、りんごちゃん、闇営業で謝罪した宮迫博之田村亮
毎年恒例となる『新語・流行語大賞』のノミネート30語が、11月6日に発表された。

「ONE TEAM」「ジャッカル」「笑わない男」「にわかファン」といった、ラグビーワールドカップ関連の言葉や、「令和」「軽減税率」「キャッシュレス/ポイント還元」といった今年を象徴する言葉、「タピる」「サブスク(サブスクリプション)」「ドラクエウォーク」など、さまざまなジャンルからのノミネートが発表された。

■『TT兄弟』は流行ったけれど

しかし、今年のノミネート語には、ある大きな特徴があった。

「お笑いのギャグやキャラクター系の言葉が全く入っていないんです」

と、あるテレビ関係者は言う。

「2003年にテツandトモの『なんでだろ〜』が大賞を受賞して以来、小島よしおさんの『そんなの関係ねぇ』(’07年)やエド・はるみさんの『グ〜!』(’08年)、スギちゃんの『ワイルドだろぉ?』(’12年)、日本エレキテル連合の『ダメよ〜ダメダメ』(’15年)、ブルゾンちえみの『35億』(’17年)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.