くらし情報『徳井義実 “活動自粛の賠償額” が笑えない、納税スルー「尻ぬぐい」の行方』

2019年11月14日 21:00

徳井義実 “活動自粛の賠償額” が笑えない、納税スルー「尻ぬぐい」の行方

徳井義実 “活動自粛の賠償額” が笑えない、納税スルー「尻ぬぐい」の行方
チュートリアル徳井義実
「徳井さんや、所属する吉本興業は頭を抱えていますよ。テレビ各局のレギュラー番組や、契約期間中だったCM会社からも多額の“損害賠償”が請求されるのは必至ですからね」(芸能プロ関係者)

10月末に発覚したお笑いコンビ・チュートリアル徳井義実(44)の“申告漏れ事件”がいまだに尾を引いている。

「徳井さんが’09年に設立した個人事務所が、’18年までの7年間で約1億3800万円の申告漏れを指摘されました。さらに、個人的な旅行代や洋服代などが経費として認められず、’15年までの4年間で、約2000万円の“所得隠し”と判断されてしまったのです」(スポーツ紙記者)

■ルーズさから損害賠償も!?

1億円を上回る追徴税額は、昨年末に納付をすませたという徳井。とはいえ、再三にわたって税務署から督促されても納税せず、個人と事務所の社会保険の加入手続きすら行っていなかったという“前代未聞のルーズさ”に、世間はあきれかえっている。

「釈明会見から数日後、吉本は徳井の活動自粛を発表しました。芸能活動を休止するのは当然ですが、彼が出演するテレビのレギュラーは10本以上。各局は彼の出演見合わせや降板、すでに撮影していた番組は、急きょ編集して放送するなど、てんやわんやですよ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.