くらし情報『佐藤健が千鳥・大悟に「俺のシーンどうだった?」と聞かれて返した言葉』

2019年11月15日 16:00

佐藤健が千鳥・大悟に「俺のシーンどうだった?」と聞かれて返した言葉

佐藤健が千鳥・大悟に「俺のシーンどうだった?」と聞かれて返した言葉
佐藤健撮影/伊藤和幸
「子どものころは、両親が当たり前のようにそばにいたのに、大人になるとお互い仕事をしていたりして、会う機会が自然と減って。こちらから何かアクションを起こさないと、なかなか関わりがなかったりする中、家族を描いた今作に触れて、“最近、両親に会ってないな、連絡してみようかな”と思うきっかけを、この映画は作ってくれました」

■それぞれの家族の形

映画『ひとよ』で主演を務める佐藤健(30)。物語は、佐藤演じる稲村雄二ら兄妹の母親・こはる(田中裕子)が、夫であり、雄二らの父親を殺してしまった15年前の“あの日”から始まる――。

「家族に対して、ポジティブな考え方をする人もいれば、今作のように“父親が嫌い”とかネガティブな考え方を持っている人もいて。でも、それはどちらも間違っていなくて、それくらい家族ってとらえ方が人それぞれ、家族の形もそれぞれだと思うんです。この映画を見たからといって、“家族とは”の答えが出るわけでないですが、僕がそうだったように、“家族に思いを馳せる”きっかけには絶対になると思っています」

作中では、親友として知られる千鳥・ノブの相方である大悟も出演しているが、

「残念なことに撮影中、大悟さんとは会えなくて。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.