くらし情報『菅田将暉がバッキバキの腹筋で暴君を“狂演”、非情さには「共感する部分もある」』

2019年11月16日 19:00

菅田将暉がバッキバキの腹筋で暴君を“狂演”、非情さには「共感する部分もある」

菅田将暉がバッキバキの腹筋で暴君を“狂演”、非情さには「共感する部分もある」
細く剃り込んだ眉毛もカッコいい菅田撮影/北村史
「何もしてないんですよ。ステージが傾斜になっているので、けっこう身体を使うんです。稽古をしてたら自然に鍛えられてます」

■トイレに行きたくてコンビニに入ったら……

シックスパックに割れた見事な腹筋美に思わずうっとり♪これは舞台『カリギュラ』(11月24日まで、新国立劇場)の取材会でのひとコマなんです。今回、菅田が演じるのはローマ帝国第3皇帝で狂気の暴君・カリギュラ。

「暴君って聞くと破天荒なイメージですけど、誰でもイラっとしたりマイナスな気持ちになる。それがカリギュラは非情な手段を選ぶだけ」

と、役に共感する部分もあると語る。

そんな菅田は、こんなときに非情なことをしたいと思うそう。

「トイレに行きたくてコンビニ入ったら先に人が入っていたとき。もうガーン開けたろかと。もちろん、しないですけどね(笑)」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.