くらし情報『加藤紀子のヘアドネーション体験「人生最後のロングを楽しんでから切りました」』

2019年11月16日 17:00

加藤紀子のヘアドネーション体験「人生最後のロングを楽しんでから切りました」

加藤紀子のヘアドネーション体験「人生最後のロングを楽しんでから切りました」
ロングヘアをカットした加藤紀子さん
ダレノガレ明美さん、矢沢心さん、二階堂ふみさん……長い髪をバッサリと切り、寄付する有名人が増えている。今年1月、46歳の誕生日を機に7年かけて伸ばした髪を寄付したのはタレントの加藤紀子さんだ。ショートボブになり、よりフレッシュな印象となった加藤さんだが、どんなきっかけがあったのか。

■40センチを切るのは一大決心?

「鹿児島で毎年開催されている『グッドネイバーズ・ジャンボリー』というイベントでヘアドネーションの存在を知りました。3年くらい前のことです。チャリティーカットで髪を切った友達がすがすがしい顔をしていて、これはすごくポジティブないいことなんだな、自分もいつかやってみたいなって。でも、なかなか勇気が出なくて。信頼できる人に切ってほしいし、髪の毛もちゃんと届けてくれる団体に寄付したいし」

そうこうするうちに2年がたち、ようやく今年、切ることができた。もともと、ボランティア活動に興味もあった。

「何かできることはないかな、でも私にいったい何ができるんだろう、って思っていました。そんな中、髪の毛で困っている方がいることを知って、自分の髪が誰かの役に立てたらうれしいな、と思って。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.