くらし情報『鼠先輩、経営していたバー『飲鼠』が“あまりにもひっそりと”閉店してトホホ』

2019年11月12日 18:00

鼠先輩、経営していたバー『飲鼠』が“あまりにもひっそりと”閉店してトホホ

半年後には月に1日程度になっていたみたいです。これだと“鼠先輩のバー”と呼べるのかどうか……」(バーの利用客)

確かにバーの公式ツイッターを見ても、彼が来店するときしか投稿しておらず、’18年の5月7日以降は更新すらされていない……。

オープンから2年半が経過したが、『飲鼠』はどうなっているのだろう。

「今年の夏にはお店を閉めて、今は『まことBAR』というお店になってますよ。もともと鼠先輩のお店で働いていたアルバイトの子が独立をしたいとのことで、彼がお店を買い取って新たにそこで開業したそうです」(バーの常連客)

閉店の原因は、やはり客が来なかったことにあるようだ。

「公式ツイッターのフォロワーも60人くらいでしたし、お客さんはあまり入っていなかったですからね。家賃もけっこう高かったみたいなので、お金が回らなかったんだと思いますよ。今のお店には、彼は関わっていないんじゃないですかね」(同・バーの常連客)

『飲鼠』の閉店について鼠先輩に確認してみると、
「確かに、飲鼠は閉店しました」

とのこと。今後、閉店の事実を知らずに店を訪れたファンが悲しい思いをする可能性は十分にある。SNSがあるのだから、お知らせくらいしてあげたほうがよかったのでは!?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.