くらし情報『ハリウッドスターに愛された日本人の「できます」と言っちゃう逆転人生』

2019年11月30日 11:00

ハリウッドスターに愛された日本人の「できます」と言っちゃう逆転人生

ハリウッドスターに愛された日本人の「できます」と言っちゃう逆転人生
メイクアップ・アーティストカオリ・ナラ・ターナーさん撮影/伊藤和幸
長雨のあがった10月の午後、東京・表参道のスタジオにブロンドヘアの女性が颯爽(さっそう)と現れると、その場の空気が一気に華やいだ。

「ハイ、ハウアーユー?」

太陽のような笑顔のその人はカオリ・ナラ・ターナーさん(85)。アメリカ、ハリウッドでメイクアップアーティストとして、映画『フラッシュダンス』(’83年)や『アメリカン・ビューティー』(’99年)、人気テレビドラマ『アリー my Love』などを手がけ、テレビ界のアカデミー賞といわれるエミー賞を日本人として初めて受賞した人物だ。現在もハリウッドのメイクアップアーティストのユニオン(組合)に所属し、活動を続ける。

■どこへ行っても「ミススマイル」と呼ばれて

「ユニオンでは奇跡の人って言われてるの(笑)。実際は“アクティビティー・イン・リタイアメント(退職後の活動)”で、もう年金をもらっている立場なんだけどね。電話がかかってくれば出かけていくのよ。昔スターだった人がトークショーに出たり、オスカーのプレゼンテーターで出席するときにオファーをくれるんだけど、楽屋で懐かしい人に会えるのが楽しいの!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.