くらし情報『森本毅郎アナ、本番中に緊急搬送されるも即復帰「本当の病状」を本人に聞く』

2019年11月20日 21:00

森本毅郎アナ、本番中に緊急搬送されるも即復帰「本当の病状」を本人に聞く

森本毅郎アナ、本番中に緊急搬送されるも即復帰「本当の病状」を本人に聞く
森本毅郎アナウンサー(80)
「金曜日は放送中にちょっと心臓の痛みがありまして、病院に運ばれてしまいました。なんとも情けない、本当に申し訳ありません」

11月8日、いつものように朝6時半から始まったTBSラジオのニュース情報番組『森本毅郎・スタンバイ!』。この日、森本は体調を崩し、1時間ほどで番組を同局の土井敏之アナに任せて途中退席し、病院に搬送される騒ぎとなった。とはいえ、土日をはさんだ3日後、月曜の同番組では元気に復帰。冒頭のように陳謝したのだった。いったい森本の身体に何が起こっていたのか。

■本人に直撃すると

復帰した翌日、都内にある森本の自宅で週刊女性は本人を直撃。玄関先に出てきた森本は、思ったより元気な様子だ。

「どうってことないんですよ。本番中だったから騒ぎになっちゃって。もともと心臓の動脈がよくなくて、何年も前にステントという血管を膨らませる管を入れる手術をしたんです。その後5年くらいは安定していてなんともなかったんですが、この前は本番の途中で痛みがきちゃって、しかたなく病院に行こうと」

森本が続ける。

「かかりつけの病院で検査をしてもらったのですが、原因はよくわからないということで、いますぐ手術の必要なしとなり、週明けからは普通に仕事ができました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.