くらし情報『渡辺えり、離婚後に大豪邸を売却して元夫・土屋良太に買ってあげたモノ』

2019年11月20日 16:00

渡辺えり、離婚後に大豪邸を売却して元夫・土屋良太に買ってあげたモノ

渡辺えり、離婚後に大豪邸を売却して元夫・土屋良太に買ってあげたモノ
直撃取材を受けてくれた渡辺えり
「子どもがいたら離婚していなかったかもしれない」

昨年10月、近所の住民に離婚報告とともにそうつぶやいていたという渡辺えり(64)の元夫。渡辺は12月13日公開の映画『カツベン』に出演するなど、女優として大活躍する一方、元夫である俳優・土屋良太(52)の名前はあまり聞かれない──。

「渡辺さんのCM契約の関係上、発表は今年4月でしたが、昨年8月にはすでに別れていました」(スポーツ紙記者)

■愛の巣だった大豪邸の行方

渡辺と、彼女が主宰していた『劇団3〇〇(さんじゅうまる)』の劇団員だった土屋が結婚したのは、’96年のこと。

「渡辺さんが自ら決めた掟“劇団内恋愛禁止”を破り、さらに相手は13歳年下の売れていない役者だったため“年の差婚”“格差婚”と話題になりました」(同・スポーツ紙記者)

結婚8年目には、ふたりの愛の巣である270平方メートルを超える大豪邸を購入。順風満帆な結婚生活に思われたが、

「夫婦の主導権は、すべて渡辺さん。酔っぱらって土屋さんに説教もするし、“私の稼ぎばかりアテにしてアンタは何なのよ!”なんてことも言っていたそうです。売れっ子女優なので夜中に帰ってくることも多く、徐々にふたりの距離が開いていきました」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.