くらし情報『高良健吾と新木優子『モトカレマニア』で大切にしている元恋人の「距離感」』

2019年11月21日 16:00

高良健吾と新木優子『モトカレマニア』で大切にしている元恋人の「距離感」

暗いより明るくポップなタッチにしたいという点も、並木と意見が合いました。

視聴者からは、自分も昔の恋にとらわれ、恋愛に臆病になっているという女性や、男性からも心に刺さる、共感できるとの反響をいただき、うれしく思っています。この先も心地よい挑戦をしていきます」

と、草ケ谷大輔プロデューサー。原作の笑いの要素は反映しつつ、3話以降はオリジナルで展開している。

「新木さん、高良さんのふたりが主演ということもあり、今作は2章立てになっています。第1章では、ユリカはマコチに振り回され続けた人生にピリオドを打ちました。小説家のさくら(山口紗弥加)、“MKM同盟”の山下(浜野謙太)の元カノ、むぎ(田中みな実)と交流することで、妄想マコチも脳内会議も必要なくなっています。

■主演2人は絶妙な距離感をキープ

第2章では、マコチが反省し、自分の本当の思いをユリカにぶつけていく展開に。つまり、過去ばかり見ていたユリカは前を見ることで成長しました。逆に、前に進むのみだったマコチが、過去を振り返り、自分が忘れていたものに気づいていきます」(草ケ谷P、以下同)
撮影は快調に進み、折り返し地点では高良の発案で“中打ち上げ”も行われた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.