くらし情報『山田涼介に坂口健太郎「ママ好き男子」急増で考える、新しい親子のカタチ』

2019年11月23日 15:00

山田涼介に坂口健太郎「ママ好き男子」急増で考える、新しい親子のカタチ

(矢島)

母には、敬意と感謝しかないという。

「今、自分が芸能活動をしているから痛感するのですが、母は芸能活動をしながら毎日お弁当を作ってくれたり、学校行事に参加してくれたりしたんだなって。どれだけ大変だったんだろうと思うんです。僕も来春、大学を卒業するので、育てられる側ではなくなります。恩返しではないですけど、親孝行をして、母に楽をさせたいです」

母親へのリスペクト。それこそが、ママ好き男子の根底にある共通の思いなのかもしれない。

「自慢することが“恥”とか“あられもない”と指弾されなくなったので、母親込みの自己顕示があって当然ということなのでしょう。個人的に、ママ好きを公言できる男子は、自己肯定感に満ちているんだろうなと、ちょっと羨ましいくらいです」(春日さん)

最後に、矢島からこんな提案が。

「マザコンやファザコン、シスコンなど、言葉のイメージが悪いから、母親や家族と仲よくしている男子も悪くとらえられがちになる。むしろ僕は、家族を大切に思い、仲よくすることがどうして悪いのかわかりません。僕は父も母も弟も好きです。言わば、ファミリーラブ(笑)。

これからは“ファミラブ”じゃないですけど、マザコンとは違う呼び名が浸透したらいいなって思います」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.