くらし情報『彦摩呂が福島のラーメン店主を感動させた、食レポだけじゃない粋すぎる姿』

2019年11月21日 21:00

彦摩呂が福島のラーメン店主を感動させた、食レポだけじゃない粋すぎる姿

彦摩呂が福島のラーメン店主を感動させた、食レポだけじゃない粋すぎる姿
彦摩呂
10月12日に上陸し、多くの被害を生んだ台風19号。

「政府は台風19号の被害に対し、台風としては初めての“特定非常災害”を適用。災害救助法の適用となった自治体は14都県390市町村に及び、東日本大震災を超えて過去最大の適用となりました」(一般紙記者)

台風19号で最も人的な被害が大きかったのが福島県。死者は32人にものぼった。

「みんな食べ物で困っているのに、被災地ではない場所で自分たちがフードフェスを出店することに引っかかっていました」

そう話すのは、福島県二本松市に本店を置く『麺処若武者』の店主・山本一平さん。同店は10月3日〜11月4日に東京都新宿区で開催された『大つけ麺博』に出店していたのだ。

「“こんなときにフードフェスをやっている場合なのかな?”という思いがあり、地元が被災するなか、罪悪感も感じていました」

とはいえ、急に出店を取りやめることもできない。

■打ち上げのお店で遭遇

もやもやしながらイベントの初日を終え、その夜、スタッフと打ち上げとして焼き肉店に食事に行くと、そこには、「○○の宝石箱や〜」というフレーズでおなじみの“食レポの神様”彦摩呂の姿が。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.