くらし情報『沢尻エリカは不安と不満に負けた、消えることのない「薬物女優」の烙印』

2019年11月18日 18:30

沢尻エリカは不安と不満に負けた、消えることのない「薬物女優」の烙印

沢尻エリカは不安と不満に負けた、消えることのない「薬物女優」の烙印
沢尻エリカ
女優の沢尻エリカ(33)が逮捕された。11月16日、都内の自宅で違法薬物の合成麻薬MDMAを所持していたことについて、

「私のものに間違いない」

と容疑を認めたのち、「彼氏から預かった」と一部新聞が報じた。

■エリカ様となるまでの“道のり”

覚せい剤と似た効果が得られるMDMAについては、’09年に起きた押尾学の事件を思い出す人もいるだろう。知人のホステスとこれを服用して性交を行い、女性は死亡。押尾は保護責任者遺棄の罪で懲役刑に服した。

そのとばっちりを受けたのが、当時、妻だった矢田亜希子だ。事件から5日後に離婚したものの、押尾との結婚で清純派のイメージが崩れ、かつてのような役柄ではなく悪女や犯罪者を演じることが多くなったように思う。

沢尻の場合、過去の振る舞いなどから清純派のイメージはなく、そこまで変わることはないだろうが、こちらは事件の当事者であるため、復帰への道は容易ではない。ただ、彼女はこれまでにいくつもの逆境を乗り越えてきた。まずは、’07年の「別に」騒動だ。

主演映画『クローズド・ノート』での舞台あいさつで不機嫌モードを貫き、質問にもまともに答えず、司会者をにらみつけたりしたことから、バッシングを浴びた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.