くらし情報『元夫も子どもも発達障害、ゴキブリ部屋から脱出した「ADHDのハウスキーパー」』

2019年12月4日 16:30

元夫も子どもも発達障害、ゴキブリ部屋から脱出した「ADHDのハウスキーパー」

元夫も子どもも発達障害、ゴキブリ部屋から脱出した「ADHDのハウスキーパー」
※画像はイメージです現在100人に3~7人は発達障害の一種であるADHD(注意欠如・多動性障害)だと言われている。診断を受けていない、受けても確定診断がおりなかった「うやむや」な層をふくめると世の中にはかなり多くのADHD傾向の人が存在することになる。東京都の主婦でこのほど、『「ADHD」の整理収納アドバイザーが自分の体験をふまえて教える!「片づけられない……」をあきらめない!』(主婦と生活社)を出版した、西原三葉さんもそのひとりだ。■「カサンドラ症候群」に苦しむ

「学生のころから、忘れ物やケアレスミスが多かったのですが、社会人になると、計算が合わなかったり、人の名前が覚えられないなどミスを連発。自分を責めるあまり、うつになり入社1年で退職し、そのころ付き合っていた彼と結婚。彼は定職につかないアルバイトだったのですが、結婚に逃げ込みたい一心で迷いはなかったのです」(以下、カッコは西原さん)

その結婚相手はASD(自閉症スペクトラム)で、独特のこだわりがある人だった。

「定職につかないアルバイトで貯金ゼロ。自分の生活のリズムが狂うことを極端に嫌う人でした。私が高熱を出してフラフラになっても、朝5時ちょうどに朝食を出さないと不機嫌に。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.