くらし情報『「推し」を愛でたら地獄で釜茹で!? 今昔日本の“ヤバい”状況を生きる女の子たち』

2019年11月28日 16:00

「推し」を愛でたら地獄で釜茹で!? 今昔日本の“ヤバい”状況を生きる女の子たち

「推し」を愛でたら地獄で釜茹で!? 今昔日本の“ヤバい”状況を生きる女の子たち
はらだ有彩さん撮影/坂本利幸
日本の神話や古典、民話に登場する女の子と「時を超えたガールズトーク」を繰り広げるような新感覚のエッセイ『日本のヤバい女の子』で注目を浴びたはらだ有彩さん。

乙姫、かぐや姫などと語り合った前作に続き、2作目の『日本のヤバい女の子静かなる抵抗』では、八百屋お七や山姥との対話を通して現代にも通じる女性の生き辛さを描き出しています。

■深く考えずにいい話にしてしまおう

昔から古典に関心があったのでしょうか。

「いえいえ。古典を元から全然知ってるわけじゃなくて、古文の授業めっちゃ寝てたみたいな感じなんです。この本に出て来るエピソードも、凄く広い選択肢から選んでいるわけではなくて、問題意識の方から逆算して探しています。

例えば、『夫婦円満』と言うテーマの昔話は何かないかなって探し、表向きは夫婦円満って言ってるけど、実はどちらかが犠牲になっている話もあるし何かあるだろうと。

現代の私には、何が書かれているか完全には分からないけれど、書いた人の何らかの問題意識があるはずだからそれを見に行こうとか。

最初の本で言うと、おかめと清姫には凄い思い入れがあります。今彼女らについて言われていることと、当時本当にあったことの隔たりが大きすぎて、それが気になるのかもしれません」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.