くらし情報『BLANKEY JET CITY・浅井健一が離婚していた! 妻が語る「宇宙愛で繋がった関係」』

2019年11月29日 17:00

BLANKEY JET CITY・浅井健一が離婚していた! 妻が語る「宇宙愛で繋がった関係」

BLANKEY JET CITY・浅井健一が離婚していた! 妻が語る「宇宙愛で繋がった関係」
BLANKEY JET CITYの’98年のヒットシングル『赤いタンバリン』のCDジャケット
浅井健一といえば、90年代の日本を代表するロックバンド『BLANKEY JET CITY』でその名を馳せたボーカル兼ギタリスト。椎名林檎もぞっこんに惚れ込んだロックミュージシャンだ。‘00年にバンドは解散したが、現在でもソロや、バンド『SHERBETS』などで精力的に活動している。

パンク少年だった浅井には、“怖い”“不良”といったイメージが付きまとっていたが、‘96年にモデルだったOさんと結婚。その後、3人の子どもを授かり、次第にその性格も柔らかいものへと変わっていったようだ。

雑誌のインタビューでも、子どもを溺愛するコメントがよく見受けられた。‘09年の雑誌インタビューでは《子供たちがいてくれることが、自分の生きがいを感じる時かな。めちゃんこかわいいもん》と、うれしそうに語ってた。

■著書に書かれていたことと、妻が語ったこと

そんな浅井が‘18年に出版した著書『宇宙の匂い』に気になる一文を発見した。

《「夫婦2人で共にする必要な経験は終わったから、新しい形をお互い別々に生きる事にしよう」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.