くらし情報『孤独死現場で「死んでくれてよかった」と平気で言う人も 無縁社会が今すべき対策』

2019年12月8日 17:00

孤独死現場で「死んでくれてよかった」と平気で言う人も 無縁社会が今すべき対策

住居内でひとり最期を迎える孤独死は増加の一途をたどっている。誰にも見つけられずに長期間放置され、遺体がドロドロに溶けた凄惨な現場は、まさに無縁社会の最終地点だ。

一方、「孤独を楽しむ」「最高の孤独」など、雑誌や書籍で孤独を礼賛する企画が人気を集めている。こうした孤独をポジティブにとらえる動きに警鐘を鳴らすのが、『世界一孤独な日本のオジサン』の著者で、コミュニケーション・ストラテジストの岡本純子さんと、孤独死の現場を数多く取材し、『超孤独死社会』などの著作を発表しているノンフィクションライターの菅野久美子さんだ。

今回はおふたりに、日本人が直面している「孤独」の実態と危機について徹底対談してもらった。(後編)

(前編はこちら)

孤独死現場で「死んでくれてよかった」と平気で言う人も 無縁社会が今すべき対策
(写真左から)岡本純子さん、菅野久美子さん撮影/矢島泰輔■孤独になることで「依存」に陥る

──ひとりひとりの個性や考えが尊重される多様性の時代になりつつありますが、同時に孤独死の現象も起きている。個人の自由を尊重すると、人と人は断絶してしまうんでしょうか?

岡本それは誤解なんです。「孤独」と「自由」は全く違うものなので、自立しながらつながりを作り続けないと、人間というものはいけないんじゃないかと思います。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.