くらし情報『羽生結弦ライバルとついに対決、王者のプライドと4回転アクセルの行方』

2019年12月6日 11:00

羽生結弦ライバルとついに対決、王者のプライドと4回転アクセルの行方

羽生結弦ライバルとついに対決、王者のプライドと4回転アクセルの行方
羽生結弦
絶対王者の“復活”に日本中が歓喜した──。11月22日から行われた、グランプリシリーズ第6戦のNHK杯。圧巻の演技を披露し、305・05点で優勝した羽生結弦は、2位のフランス代表、ケビン・エイモズ選手と50点以上も差をつける結果を出した。

「フリーでは、自ら“課題”としていた4回転ループをこらえながら着氷。さらには、もうひとつの壁だった4回転サルコーを成功させました。ミスもありましたが、数々の経験で培った引き出しでしっかりカバーしていましたね」(スポーツ紙記者)

シーズン第1戦目のカナダ大会でも優勝し、12月6日から行われるグランプリファイナルの出場権を文句なしに獲得した。

「今大会には、ライバルであるアメリカ代表のネイサン・チェン選手も出場します。昨シーズンの世界選手権で、羽生選手は王者の座を彼に明け渡しているうえ、現時点での世界最高得点を持っているのもネイサン選手。“次は僕が表彰台の真ん中に立つ”と闘志を燃やしてきました」(同・スポーツ紙記者)

スポーツライターの折山淑美さんは、ネイサンは羽生との“一騎打ち”に備え、着々と準備を進めていると話す。

「ネイサン選手はグランプリシリーズを第1戦と第3戦という早い時期の大会に出場しましたが、ファイナルに向け演技を見直したり、微調整をする時間が欲しかったのでしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.