くらし情報『ハラさんが願った『KARA』再結成、遺志を継いだ4人が2020年に動き出す可能性』

2019年12月2日 21:00

ハラさんが願った『KARA』再結成、遺志を継いだ4人が2020年に動き出す可能性

11月24日に自ら命を絶った元KARAのク・ハラさん(享年28)。彼女は、今年6月に日本で活動するため事務所を移籍したばかりだった。KARA再結成のために奔走し、ようやくメンバーの足並みがそろったところだったという。念願の復活ライブに向けて最終調整していた矢先の死。彼女の周囲で何が起こっていたのか―。
ハラさんが願った『KARA』再結成、遺志を継いだ4人が2020年に動き出す可能性
“韓国の安室奈美恵”と言われていたハラさん。純真な性格だった
突然の悲報だった。元KARAのク・ハラさんが、11月24日、ソウル市の自宅で帰らぬ人となって発見されたのだ。

「“自分を愛せなくて、ごめんなさい”と書かれた遺書らしきメモがあり、警察は自殺と断定しているそうです。彼女は’08年にKARAの追加メンバーとしてデビュー。’16年の解散後もソロ活動を続けていました。11月13日に新曲を発売し、日本の4大都市でツアーを行った直後でした」(スポーツ紙記者)

27日に行われた葬儀には、日本で“知英”名義で活躍するジヨンをはじめ、パク・ギュリ、ハン・スンヨン、ニコルといったKARAの元メンバーたちも参列していた。

「葬儀は親しい人だけで行われました。常に世間から注目されていましたから、最後は静かに見送りたかったんでしょうね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.